介護保険制度開始の平成12年から在宅生活者の生活支援を目的にホームヘルプ事業を開始いたしました。

介護を必要としても「住みなれた家」「住みなれた地域」で生活の継続が出来るよう生活援助、身体介護、相談援助を行っております。

 早朝・夜間を含め24時間対応も可能な体制を組んでおり、ケアマネージャーとの連携により他の在宅サービスを組み合わせることで在宅での生活をより充実して送れるよう支援しております。

 地域のニーズ応えるために身体障害者(児)、精神障害者(児)にも対応しております。









 在宅で生活をされている要介護者の方を対象に医学的・看護的援助の必要な方に看護師やリハビリの専門職が自宅を訪問し看護的処置、生活の援助、リハビリなどを行うものです。

 永寿会では介護保険開始の平成12年から事業を開始いたしました。