個人情報保護に対する基本方針

 1.個人情報の適切な取得・管理・利用・開示・委託
  @ 個人情報の取得にあたり、利用目的を明示した上で、必要範囲の情報を取得し利用目的を通知または公表し、
     その範囲で利用する。

  A 個人情報の取得・利用・第三者提供にあたり、本人(家族)の同意を得ることとする。
  B 法人が委託する医療・介護関係事業者は、業務の委託にあたり個人情報保護法と厚生労働省ガイドラインの
     主旨を理解し、これに沿った対応を行う事業者を選定し、かつ個人情報に関する契約を締結した上で情報を提
     供し、委託先への適切な監督を行う。


 2.個人情報の安全性確保の措置
  @ 社会福祉法人道海永寿会は、個人情報保護の取り組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報に
     関する規則類を整備し、必要な研修を随時、継続的に行う。

  A 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、消失、又は毀損(きそん)の予防及び是正のため、法人内に
     おいて規則類を整備し、安全対策に努める。


 3.個人情報の開示・訂正・更新・利用停止・削除・第三者提供の停止等への対応
    当法人は個人(家族)が自己の個人情報について開示・訂正・更新・利用停止・削除・第三者提供の停止等の
    申し出がある場合には、速やかに対応する。これらの希望には個人情報相談窓口で対応する。


 4.当法人は、個人情報取り扱いに関する苦情に対し、適切かつ迅速に対応する。



                      個人情報の利用目的

  社会福祉法人道海永寿会では、利用者の尊厳を守り安全に配慮する法人理念の下、お預かりしている個人情報に
  ついて、利用目的を以下の通りに定めます。

  【利用者への介護サービスの提供に必要な利用目的】
    〔当法人内部での利用目的〕
     ・当法人が利用者等に提供する介護サービス
     ・介護保険事務
     ・介護サービスの利用者に係る当法人の管理運営業務のうち
     ―入退所等の管理
     ―会計・経理
     ―事故等の報告
     ―当該利用者の介護・医療サービスの向上
    〔他の事業者等への情報提供を伴う利用目的〕
     ・当法人が利用者等に提供する介護サービスのうち
     ―利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅支援事業所等の連携(サービス担当者
        会議)、照会への回答

     ―利用者の診察等に当たり、外部の医師等の意見・助言を求める場合
     ―検体検査業務の委託その他の業務委託
     ―家族等への心身の状況説明
     ・介護保険事務のうち
     ―審査支払機関へのレセプトの提出
     ―審査支払機関又は保険者からの照会への回答
     ・損害賠償保険などに係る保険会社等への相談又は届出等

  【上記以外の利用目的】
    〔当法人の内部での利用に係る利用目的〕
     ・当法人の管理運営業務のうち
     ―医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
     ―当法人施設において行われる学生の実習への協力
     ―当法人施設において行われる事例研究
    〔他の事業所等への情報提供に係る利用目的〕
     ・当該施設管理運営業務のうち
     ―外部監査機関への情報提供