ショートステイは特別養護老人ホーム永寿園に併設されて運営しております。
 永寿園開設4年目の平成59年7月「短期保護事業」として2床からスタートし、平成3年には定員20床となりました。

 現在では近隣の施設のなかでもベッド数の多い施設になり、急な利用の対応も可能となりました。リピーター率も高く計画的にショートステイを利用することで在宅生活を継続できる役割りも担っています。

 ショートステイは介護者の病気、冠婚葬祭、旅行、介護疲れ等々の際、短期間の滞在が可能です。滞在中はご家族に代わり食事、入浴、排泄、リハビリなどの介護サービスを提供いたします。

 他に65歳以上の自立の方の「大川市高齢者生活管理指導ショートステイ」の委託を受けております。